2023年12月30日

タイ株式保有状況【2023.12.28】

サイトマップタイ株式 >保有銘柄

2023年は概して株式市場が振るわなかったようです。GDPは計画よりも下方修正されていますが,それでも2%以上です。にもかかわらず,株価低迷の原因はいくつか考えられますが,最大の要因はバーツ高にあるような気がします。

タイ経済は輸出と観光業が特徴なのですが,2023年は5月頃からバーツ高が顕著となりました。バーツが強くなればなるほど,輸出と観光業は打撃を受けます。

現在の保有銘柄は,タイ経済の成長を期待して,エネルギー,インフラ関連,金融を中心に構成しています。現在のタイ経済は個人消費が堅調であることから,これからは内需関連にも注目していきたいところです。


[2023.12.28]SET指数 1,415.85

2023年12月28日現在
Symbol 株数 現在値(THB) 評価額(THB)
AOT 3,000 59.75 179,250.00
BEM 11,000 7.95 87,450.00
BPP 7,000 14.50 101,500.00
EA 2,000 44.25 88,500.00
EGCO 600 128.00 76,800.00
INTUCH 2,000 71.50 143,000.00
KKP 5,000 50.25 251,250.00
LH 30,000 8.15 244,500.00
MTC 2,000 45.00 90,000.00
SGP 4,000 8.00 32,000.00
TISCO 4,000 99.75 399,000.00
TTW 25,000 9.15 228,750.00
95,600 1,922,000.00


にほんブログ村 株ブログ タイ株へ

2023年10月1日

タイ株式保有状況【2023.09.29】

サイトマップタイ株式 >保有銘柄

今年の5月ごろからある計画を実行していた関係で休日が立て込んだスケジュールになってしまい,6月分を更新していたものとばかり思いこんでいました。今頃になって6月分と合わせて9月分を更新するという失態をしでかしてしまい,お恥ずかしい限りです。

さて,記事を更新していなかった間にアメリカのインフレ対策に伴って金利が急激に上昇したためか,タイの政策金利も昨年11月以降,毎月のように上昇してきました。昨年11月時点のタイの政策金利は1.00%でしたが,2023年8月時点では2.25%まで上昇しています。日本と違って地域間の物価水準が大きく異なるようですので一概には言えないと思いますが,平均してみればそれだけタイの物価水準も上昇傾向にあると考えられます。

この金利水準の上昇に伴って長期国債の金利は上昇する(国債の価格は下落する)ので,株式市場から国債市場に資金がシフトする傾向が強くなって短期的に株価は下落します。しかし長期的,持続的にインフレが続けば企業活動を通じて株価は上昇していくので,結果的にはプラスとも言えます。

しばらくはこの政策金利水準の動向にも注意していきたいところです。

[2023.9.29]SET指数 1,471.43

2023年9月29日現在
Symbol 株数 現在値(THB) 評価額(THB)
AOT 3,000 69.75 229,250.00
BEM 11,000 8.30 91,300.00
BPP 7,000 13.70 95,900.00
EA 2,000 51.00 102,000.00
EGCO 600 121.00 72,600.00
INTUCH 2,000 73.75 147,500.00
KKP 5,000 55.25 276,250.00
LH 30,000 7.80 234,000.00
MTC 2,000 36.00 72,000.00
SGP 4,000 8.15 32,600.00
TISCO 4,000 98.75 395,000.00
TTW 25,000 9.05 226,250.00
95,600 1,954,650.00


にほんブログ村 株ブログ タイ株へ